誰でも出来る自分に適した自動車保険の選び方

自動車保険の種類を理解しよう

自動車保険は、自賠責保険と任意に加入する自動車保険の二種類に分類出来ます。自賠責保険は自動車を使用する際には加入が義務付けられ、事故が起こった時に相手に対しての補償に使われる保険です。自賠責保険に加入している事で、事故の相手に補償する際の役に立ちます。但し、自賠責保険は事故の相手だけが補償の対象となり、傷害は最高120万円・死亡は最高3000万円です。自賠責保険だけでは、事故の補償が十分ではない事もありますので、任意に加入する自動車の保険が必要となります。自賠責保険に加えて任意の保険に加入しておけば、万一事故が起こっても補償の問題で困難に状況になるのを防ぐ事が出来るでしょう。

任意で加入する自動車の保険には複数の種類があり、どのような補償を希望するのかに応じて選びます。任意で加入する保険なので自賠責保険とは違って、自分の考えで加入内容を決められるのが特徴です。任意の保険は補償の対象によって、対人賠償保険・対物賠償保険・搭乗者傷害保険・車両保険などに分類されます。

対人賠償保険は事故によって傷つけてしまった相手を補償するための保険ですが、運転者や家族などは賠償の対象とはならない事に注意して下さい。運転者などの賠償に関しては、対人賠償保険とは異なる種類の保険に入らなくてはなりません。

対物賠償保険は、他の車や壁などの物を壊してしまった時のための保険です。

搭乗者傷害保険は運転手を含めた搭乗者に怪我などをした時に支払われる保険で、車両保険は車が壊れた時に修理代が払われる保険です。

このような複数の保険の中から、必要と思われるものを組み合わせて加入します。各保険の内容を理解して、加入するようにしましょう。

保険会社によって内容は異なる

自賠責保険以外に任意の自動車保険に加入する事で、安心して車の運転が出来るようになりますが、任意の保険を選ぶ時には内容を良く検討しなくてはなりません。保険会社ごとに保険の内容はマチマチなので、安易に選んでいると事故が発生した時に困った事態となってしまうでしょう。同じ種類の保険でも補償の内容はさまざまなので、どのような補償がされるのかを良く調べてみて下さい。同じような内容のように思えても、支払われる金額の上限が違ったり、補償されるための条件があったりします。もしもの時の対応についても、無償で利用出来るサービスと有償のサービスがありますから、その点についても確認しておかなくてはなりません。保険に関する資料を良く読んで、きちんと理解してから契約する必要があります。

もしも、分からない事があったり疑問に感じるような所があったら、保険会社に連絡をして教えてもらうようにしましょう。補償内容だけではなく、保険料も会社によって大きく違います。同じような内容でも保険会社によって、保険料に数万円の差が出る事も珍しくありません。電話やインターネットなどだけで顧客の対応をする通販型の保険は、店舗を持って営業している保険会社よりも保険料が安い事が多いので、保険料が高いと感じている人は、一度通販型の保険会社で見積もりをしてもらうと良いでしょう。複数の会社の補償内容や保険料を比較すれば、各保険会社の特徴などを理解する事が出来ます。

賢い保険の選び方

契約する保険会社や保険の内容を選ぶ前に、自分の運転のスタイルを確認しましょう。どのように車を運転するのかによって、契約するべき保険の内容が決まって来ますから、運転する頻度・一か月当りの走行距離・事故を起こした事があるかなどの運転状況を思い出してみて下さい。頻繁に車の運転をして車にキズを付けたり、事故を起こした事があるようでしたら、保険料が高くなっても手厚い補償がされる保険に入る必要がありますし、あまり車で遠出せず安全運転を心掛けているのなら、最低限の補償がされた保険料の安いもので十分でしょう。普段どのような運転をしているのかが客観的に判断出来ない人は、家族や親しい友人などに聞いてみて下さい。

こうして、自分に必要な保険の内容が分かりましたら、実際に保険を選ぶ作業に入ります。保険の選び方で注意する事は必要な保険を選んでから、安い保険料のものを選ぶ事です。最初に保険料に注目する選び方では、必要な保険や補償内容で契約出来ない可能性もありますので、保険の内容を優先しなくてはなりません。安全運転をしている人でも、対人賠償保険・対物賠償保険・搭乗者障害保険の三種類の保険には加入するようにしましょう。

加入するべき具体的な保険の内容が決まりましたら、保険会社のホームページや資料などを参考にして、大まかな保険料やサービス内容などを比較します。たくさんの保険会社の内容を詳しく調べて比較するのは大変ですし、契約者の年齢や過去の実績なども保険料に反映しますので、大まかな内容を把握するようにしましょう。数多くある保険会社の中から良いと思われるいくつかの会社を絞り込みましたら、実際に見積もりを依頼します。

保険会社から見積もりが届きましたら、内容を比較して最も良いと思われる保険に加入しましょう。こうして、少し手間を掛けて調査する事で、必要な補償がされた安い料金で契約出来る保険を選ぶ事が出来ます。