車の保険の豆知識や種類について

車の保険の種類について

自動車の購入をした場合には安全にドライブをするためにも保険に加入することが大切になります。実際に自動車を運転するにあたって大きく分けると2つの種類が存在しています。

一つ目が自動車損害賠償責任保険です。自賠責に関しては簡単に説明をするとドライバーが加入しなければならない強制の保険となっています。基本的には車を購入する時に加入することが義務づけられています。基本的に適応されるものとしては人身事故だけとなっており、その場合に支払われる限度額は傷害と死亡、重度後遺症害などによって異なります。ドライブをする際にはいつどこで何が起こるか分かりません。一つ目は加入しなければならない保険になりますが、その他にも任意保険というものが存在しており、これに関しては強制というものではないので、必ず入らなければならないというものではありませんが、実際に入っておくことで手厚い補償が受けられることもあります。なるべく加入しておいた方が良いと言われているので、任意の種類についてを一部分ですが紹介をしていきます。

まず対人賠償というものが存在していますが、これは交通事故などで人や歩行している人をケガさせてしまったり、万が一死亡させてしまった場合の時の法律上の損害賠償に対して自賠責保険を超えてしまった部分が支払われます。認められる条件としては運転手、及び父母、配偶者、子以外の人に万が一の事故が発生してしまった時に適応されます。

続いて対物賠償についての説明をしますが、これは簡単に説明をすると人ではなく事故などで物を傷つけてしまった場合や破損してしまった場合に補償をしてくれるものとなっています。例えば不注意などでガードレールや看板などのものを壊してしまった場合には適応されます。その他にも種類としては自損事故などが存在していますが、これは単独事故や相手の過失がゼロである事故において運転手などがケガや死亡してしまったときに補償してくれます。基本的には対人賠償などに加入をすることで自動的に付帯してくるものとなっています。

このように、任意については一部分の説明になりましたが、全体の保険の種類としては二つ存在しています。任意に関しては強制ではありませんが、快適にドライブするためにもできる限り加入について考えておいた方が良いでしょう。

車の保険を安くするためのコツについて

車の購入を検討している人たちは同時に保険の加入について考えている人たちも多いと思いますが、実際に加入している人の中でも料金の面に関しては異なります。加入を考えている方や見直しを考えている方の中でできる限り安く抑えたいと思っている人のために今回は安くできるコツについて紹介していきます。

まず、見ておきたいポイントとしては運転者の範囲です。例えば大きく分けると本人限定や本人と配偶者、本人と同居の親族など三つ存在していますが、本人しか運転をしないのに本人と配偶者、本人と同居の親族のプランを選択していては料金の面で異なるので損をしてしまうこともあります。見直しのポイントとしてはできる限り運転者の範囲を把握しておくことが大切で、例えば本人しか運転をしないのであれば本人限定のプランに変えたり選んだりした方が少しでも料金を安く抑えることができます。

また、走行距離についても考えましょう。例えば更新をする際に一年間を振り返ってほとんど車を乗っていないと思った場合には見直しをした方が安く抑えられる可能性が高くなります。なぜ、安くなるのかというと年間の走行距離に応じて割引を設けているところもあるからです。走行距離が少ない人はそれに応じて料金を安くできる可能性もあるので、走行距離についても調べておくと良いでしょう。このように、知っておいた方が良いポイントについてを二つ紹介しましたが、安くするためのポイントとしてはたくさん存在しています。乗り換えや加入について考えている人で安く抑えたいと思っている場合は今回説明したことなどを事前に調べておくと良いでしょう。

保険会社を選ぶ際のポイント

保険に加入しようと思っている場合には保険会社に依頼をすることで加入することが可能になりますが、実際に選ぶと言ってもたくさんの企業が存在しているので選ぶ際に悩むこともあります。そんな時に便利な方法としては複数の会社から見積もりを行うことです。今回は見積もりをするメリットについて紹介していきます。

まず、見積もりをすることによってのメリットとしては料金について安い会社を選ぶことができるということです。基本的に料金についてはそれぞれの会社によって異なります。プランによっても異なりますが、見積もりをすることによって、どこの企業がお得なのかということを知ることができます。保険に加入したいと思った場合には後悔をしないためにも予め見積りをとって納得のできる会社を選択すると見直しや加入の際に失敗することはありません。